HSPまいまいのゆるゆるな日常

こんにちは、こんばんは。まいまいです。人とちょっとずれてしまうようで、生きずらく、人生に悩む20代女性。適応障害・うつの経験のあるHSP持ちです。現在は、自身を客観的に見ながら、自分らしく強く生きることを目指しています。

HSPの敏感事情

実は、引っ越して3ヶ月弱が経ちました。

 

前の家は、駅チカで、イオンモールのすぐそばという恵まれた立地にありました。

そして、車通りの多い通りの十字路の一角に建っていました。

 

一見便利そうに見えるこの家での生活は、私にとってはとても苦しいものでした。

 

昼夜を問わず鳴り響く救急車のサイレン。

病人を運んでいるのだから、うるさいとか思っちゃいけない!と自分のホンネに蓋をしていました。

f:id:maycocoa00005:20190824100848p:image

家の近くの左折禁止道路で頻繁に行われるネズミとり。

ただ捕まるほとんどの方が、すぐには車を停めないようで、そこから「止まってください。止まりなさい!」とパトカーが追いかけていきます。

 

私は悪いニュース等を見て、被災者の方や、被害者の方の気持ちをリアルにイメージしてしまうので、サイレンや警察の「止まりなさい。」が聞こえるだけで、辛かったです…。

(もちろん弱い立場の方々の気持ちをイメージしても、本当の苦しみや辛さは、これっぽっちも分かっていないと思うのですが…)

 

環境を変えてみて、自分が気づかないうちにストレスを溜めていたなと気づきました。

 

今は、川が近くにあって、ゆっくりと川辺を散歩して自然に触れることができます。

f:id:maycocoa00005:20190824100328j:image

周りには公園がたくさんあって、子供達の笑い声が聞こえます。

f:id:maycocoa00005:20190824100801p:image

大きなショッピングモールやチェーンの飲食店はほとんどないですが、商店街のお店の方々が、いつもあったかく接してくださいます。

 

何だかず〜っと体調が良くならないなという時には、住む場所を変えてみるのもひとつの手かもしれません。

 

今苦しい方に届きますように。

まいまい🕊

 

新しい家を探してみたくなったらこちら。