HSPまいまいのゆるゆるな日常

こんにちは、こんばんは。まいまいです。人とちょっとずれてしまうようで、生きずらく、人生に悩む20代女性。適応障害・うつの経験のあるHSP持ちです。現在は、自身を客観的に見ながら、自分らしく強く生きることを目指しています。

お腹が空くとふらふら?!低血圧の空腹事情🍬

中学に入ってから、育ち盛りになってモリモリ食べるようになりました。

小学校の頃は小食で、完食するまで席を立てなかった給食の時間がトラウマでした…。

でも中学の頃からお腹がよく空いて、ボリューミーな給食も苦もなく食べきれるようになりました。

f:id:maycocoa00005:20190905000637p:image

「やったー、苦手な給食の時間を克服できた!」最初の頃はそう思いました…。でも、冬になって、制服がスカートからスラックスに変わった頃、ズボンのボタンが閉まらない、苦しい…。そうか、太っちゃったんだ…。

f:id:maycocoa00005:20190905000721p:image

その時はかなりショックでした。

でもズボンがきつくなったから、新しいの買ってとか言えない…。

私はダイエットを決意しました。

 

■運動すれば当然痩せるよね。

中学の部活は演劇部で、発声に活かすために毎日外周するのが、トレーニングメニューの一つでした。私は誰よりも手を大きく振って、なるべく速く走りました。

そして家に帰って宿題などを済ませたら、夜な夜な自分の部屋でAKB48をかけながら、フィーリングでダンスをしていました。

当時聞いていた曲はこちら。

 

■痩せすぎちゃった…。

運動をはじめて、徐々に友達から「痩せた?」「なんか顔細くなったね。」と言ってもらえるようになりました。

もともと丸顔をコンプレックスに思っていたので、友達からそう言われるのはとてもうれしく、食事制限も取り入れながら更に頑張りました。

その結果、体重が4kg減り身長163cmで46kgに。

体育の授業がある日や、体温が奪われる冬場は特に、ふらふらすることも多かったけれど、当時の私には、細くて痩せていることが重要でした。

 

■痩せすぎは低血圧を招く?!

ダイエットをはじめてから、立ちくらみや動悸が頻繁にするようになりました。特に朝はベッドから起き上がるまでに少し時間がかかるように…。

この症状は、ダイエットをしなくなって体重がもとに戻ってきてからも、なかなか治りません。

低血圧の目安は、最高血圧が110mmHgを下回った場合とのことですが(オムロンHPより)、今も私の最高血圧は96mmHg前後。

どうやら低血圧とは長い闘いになりそうです。

血圧を自分で測りたい時はこちら。

 

■低血圧を悪化させないためには?

共立女子大学名誉教授の井上修二先生によると、低血圧の予防法は2つです。

①過度なダイエットをせず、ストレスを溜め込まない。

②早寝早起きと毎日3食抜かずに食べること。

③塩分やタンパク質を摂る。

④アルコールを控える。

   アルコールには血管を広げる働きがあるので、低血圧の人がアルコールを飲むすぎると、悪化してしまう。

 

■実践している低血圧対策

朝やお昼過ぎ頃のタイミングで、コーヒーか緑茶を飲みます。朝やご飯を食べてから1、2時間後は、動悸が激しくなってくるので、カフェインを摂って血圧を上げると、少し落ち着く気がします。

※職場にはドリップパックを置いて、ドキドキしたらいつでも飲めるようにしています。

 

あとよく食べるようにしているのは、卵です。

ゆで卵や炒め物、煮物に入れたり、たまごカレーにしたり…。

たまごをよく食べるようになってから、体温が上がって、少し疲れにくくなりました。

そして肉や魚よりも消化に優しい気がしています。

 

ほかに何かおすすめの低血圧対策があったら、コメント欄で教えてください☺️  ↓ ↓ ↓

 

まいまい🌱